"Azure" -ciel et mer et vent-
Ragnarok Online Fenrir鯖の住人、アサルトプリースト ノドカの日記です
05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/ --/--/--(--)--:-- /
/ スポンサー広告 / / /
ペア狩考察:スフィンクスD4(in_sphinx4)(ペア、1h)

私はノドカ
貴方達がSOM団と呼んでいるモノの団長
つまらない昔話(ネタ)でも宜しければ、お話ししてさしあげましょう…


ごきげんよう。ノドカ@団長です。
プリでの臨時はちょっとご無沙汰でしたね。
今回もいつもどおり少し特殊であります。
実は私、

鷹匠様と狩りいったことってほとんどないんです

ステータスのタイプは恐らくAGI-LUK2極であると思われる程度でして。
回避の高いAGI型前衛ってイメージしかないのです。
ここはひとつ経験ってことで、落ちてた鷹匠さんに話かけました。

騎士団やニブルだと蒸発するって話みたいなので、
無難ににSD4Fにしましょうってことに。
今回は鷹匠のよく使うスキルの解説も交え、狩り考察をしていきます。
鷹匠は知り合いからどんな動きをするか聞いていたことがあり、
それが非常に役に立ちました。

  • 1,MAP スフィンクスD4(in_sphinx4)
  • 2,敵データ(組む相手ごとに危険度変更)

  • 危険LV
    (高からランク付)
    敵名MHP種/属サイズ
    1ミミック6120無形/無3中
    3ミノタウロス741動物/火2大
    2パサナ8219人間/火2中
    4アヌビス38000人間/死2大

    ※詳細は狩場情報をご参照ください。

  • 3,メンバー構成

  • 前、ハンター鷹匠(LV92、AGI-LUK)
    補、-
    後、殴りME(LV86,INT=DEX>AGI>STR)

    続きはCMのあとで。
  • 4,立ち回り

  • 鷹匠先行(殲滅)、ハイプリ支援(支援)

    この鷹匠は罠による足止めもできるので、基本は邪魔にならないように、
    遠めからHLで共闘。鷹が飛ぶタイミングに合わせてLAがキまると気持ちイイw
    数が多く耐える状況ではSWサンク併用する。
    今回武器面による検証よりも防具による検証を試みたかったので、
    武器は、アヌビスへのクリティカルを見るため、魂大百科事典デフォルト。
    主に共闘はHL。LAなどディレイ中は直接殴った。
    防具に関しては、新たに投入したカードの使い勝手を検証した。
    諸事情により重量問題が発生したため、スケーピューラに挿した防具である。
    1:ガーディアンスケーピューラ
    2:スケーピューラオブテンプテーション
    の2点を携行。運用を試みた。
    一方、盾はアコセットから換装、ミノの気絶を防げるので人型対策のため人石盾、
    頭装備は魔眼にして詠唱10%アップ。目的はアコセットと同じ状況を作り出すため。
    1発の威力が低いので、やかんによるWBでの射殺を考え携行したが、杞憂に終わる。
    鷹のとび具合からも、頭装備は常時詠唱10%アップ系装備にした。
    そして緊急時にはDEF重視に換装することでさらに安定すると思われる。

    基本優先順位
    ミノタウロス>パサナ>アヌビス
    ※ミミック除外
    危険度と殲滅順位が違うには根拠がある。
    オートで頻繁に鷹が飛んで攻撃するため、
    パサナもミノも殲滅時間に大きな差は生じなかった。
    よって今回のペアでの最大の脅威はミノタウロスのHFである。

    MH時の対策として、罠の設置による足止め。
    2~3匹ずつ仕留める戦略をとった。

    危険なスキル:
    アヌビス:
    ソニックブロー(LV10)、致命的な傷(LV2)、ダークストライク
    サンダーストーム(LB5)、ユピテルサンダー(LV3)、不死属性攻撃
    ミノタウロス:
    HF、火属性攻撃、HD
    パサナ:
    バッシュ、クリティカル攻撃

  • 5,考察、感想

  • 敵の分析と対策を以下に記述する。
    アヌビス:
    致命的な傷と1000以上のATK状態でSBをもらえば、死ぬかもしれない。
    接近中にブレスで弱体化、合計数をみて、状況によっては、
    リカバリでさらに弱体化し、こちらの回避を有利にしていく。
    長期化が予想される場合、アンクルで足止め。
    ミノタウロス:
    最優先で落とす敵。
    HFにあたって気絶しないようにしたい。プリは範囲外で共闘。
    混戦時に二人とも無傷であるために立位置が重要。
    理想は前衛役の鷹匠にHFが落ちたところをリカバリで回避。
    数の問題で長期化が予想される場合、アンクルやフリージングトラップ行使。
    パサナ:
    回避が足りていてもクリティカル攻撃やバッシュがある。
    危ないのは3匹以上からのflee低下ペナルティをもらっている状態。
    APSDはそれなりにあるので、被弾しやすくなるので、
    倒しやすい敵から倒し、数を減らすようにしたい。
    ミミック:
    足が速いだけでこのMAPでは脅威性は見られない。

    狩りの流れ
    どちらもAGIによる防御ステなので、マンツーマンディフェンス。
    鷹匠:ミノ、パサナ、ミミック 殴りME:アヌビス
    アヌビス以外は、プリが後ろからHLで共闘。
    鷹匠が敵をまとめるなどして、鷹によるオートブリッツで殲滅する。
    アヌビスとの遭遇時は、鷹匠はプリの後ろに下がり援護射撃。
    一方、殴りMEは接近中に弱体化させ、TUによる早期殲滅を試みる。
    以上が、基本的な作戦である。

    実際の実践的な対処方法を記す。
    全てのCASEにおいて、HFの対処は、
    範囲外から鷹匠に向けて先行リカバリーを使用して無効化。

    CASE1:3対の敵との戦闘
    ・2対までは上記で対応。3匹目の敵により対処を変えた。
     3匹目がパサナ・ミノである場合。
      鷹匠に任せ、通常通り殲滅。プリは共闘を漏らさないように心がけた。
      鷹の攻撃範囲に注意し、タゲを自分がとらないようにした。
      こちらに向かってきた場合、
      鷹匠が気づいてなければ、リカバリでタゲを鷹匠に渡し、
      鷹匠が気づいていれば、こちらは何もせずタゲが鷹匠にいってから共闘した。
     3匹目がアヌビスであった場合。
      殴りMEがタゲられた場合は、そのまま弱体化を行使、抱える。
      理由は、TUのディレイ。鷹匠への援護を最優先とした。
      殲滅の目処がたったところで、殴りMEはアヌビスに攻撃を開始。
      鷹がタゲられた場合は、相手のAIを利用、HLや敵に接触してタゲを殴りMEに。
      視界に入ったところで闇ブレスだけは行使したのでタゲ渡しはスムーズだった。
      共闘が入るまでTUは控え、共闘が完了次第TU。
      鷹匠にはアヌビス以外の2匹殲滅を優先してもらった。

    CASE2:4対以上の敵との戦闘
    ・3匹まではCASE1を想定して闘い、4匹目以降が来た場合、敵により変更。
     4匹目以降がパサナかミノである場合。
      ミノのHFがこないうちにミノを優先して倒したいところ。
      オートブリッツによる範囲攻撃で着実にダメージを与えており、
      HFがふったところをリカバリで鷹匠の動きが止まらないようにした。
      回避が困難になる6匹以上の敵が来た場合(実際にあった)、罠による足止め。
      塊を分け、回避をできるだけ保ちながら数を減らしていった。
     4匹目以降がアヌビスである場合。
      視認次第、アヌビスに対しヒールなどで最優先でタゲをとる。
      鷹のダメージが入れば、鷹匠に向かうためである。
      まずプリにタゲが行くように注意した。
      そして接近中に闇ブレスとリカバリで弱体化させ、抱える。あとは通常通り。
      回避が困難になる6匹以上の敵が来て且つ、アヌビスがいる場合(実際にあった)
      フリージングトラップでアヌビス以外を凍らせる。
      不死属性により凍らないアヌビスに対し、プリがヒールなどでタゲをもらう。
      あとは上記の作戦で凌ぐことができた。
        
    CASE3:アヌビス2対以上+SD4F連合軍同時攻撃
      アヌビス2体見えた時点でヒールでタゲをプリに向け、サンクを展開
      これはSBで気絶したときの保険。アヌビス2匹ともプリが抱えた。
      今回アヌビスが2匹同時に襲ってきたのは、
      ミノやパサナも同時に襲ってきたからである。
      マンツーマンディフェンスどおりに、アヌビスと他に分配し、
      アヌビスに攻撃する前に共闘を終わらせ、TUで処理を実行した。

    ■サンクの効果的な使い道

    1.二人とも別々の敵を攻撃できる
    2.プリにHFの効果が及ぼさず、
    3.どちらもサンクにのってる状態

      
    これは双方がサンクの効果範囲を知っているからできる状態であり、
    安定した狩りであったと考える(下図)

      □□□□□□□□□□□
      □□□□□□犬□犬□□ 鷹=鷹匠
      □□□■■■■聖□□□ 聖=殴りME
      ☆☆★★★■■■■□□
      ☆牛★★★■■■■□□ 犬=アヌビス
      ☆パ鷹★★●■■■□□ 牛=ミノタウロス
      ☆牛★★★■■■■□□ パ=パサナ
      ☆☆★★★■■■■□□ 
      □□□■■■■■□□□ ■+★=サンク効果範囲
      □□□□□□□□□□□ ●=サンク基点
      □□□□□□□□□□□ ☆=HFの効果範囲

    簡単ではないが、やり方を述べるとするならば、

    相手にとって後ろサンクの位置にサンクを配置し、
    展開されたあとに、プリが敵と交戦するときに、
    後ろサンクの関係になるように数セル移動するほうがラクではある。
    後ろサンクがよくわかってない人と組んだ場合、
    うまく展開したとしても、効果的に使用してくれなケースがある。
    その際は、相手の足元にSWを展開する
    SWを基点にしその背後3セル目にサンクを展開する。
    そうすれば、SWの場所が後ろサンクの位置となり、
    SWを利用すれば必然的に後ろサンクを利用することになる。
    SWも利用してくれない前衛となると最早打つ手無し。

    以下に鷹匠の戦い方を私なりに分析する。
    ■鷹匠とは
    ハンタースキルのオートブリッツ(自動鷹)の為に最適化された型。
    期待するダメージは弓矢ではなく、LUK依存によるブリッツビートの自動発動。

    ■鷹匠の強み
    ・ブリッツビートの特性で固い敵でも固定ダメージで削れる。
     発動率からしてLUK60ほどで鷹がよく飛び、ダメージの嵐となる。
     が、発動しないときはさっぱり発動せず、
     故に殲滅速度は鷹の機嫌により左右される
    ・プリのグロリアを受けることにより、LUK+30となり、
     鷹の飛ぶ率が10%上昇する計算になり、恩恵を受けやすい。
    ・パッシブでの攻撃が主体であり、SPには影響を受けずに攻撃可能。
    ・AGIが高く設定されており、かつ高LUKであることから、
     攻撃回避に優れており、かつ高完全回避であり、被弾しにくい。

    ■鷹匠の弱点
    「鷹を扱う際に最も注意すべき事項」は3点。
    1:ダメージの分散
    2:弓装備時のみオートブリッツ発動
    3:攻撃ミス時には自動発動しない


    故に、「鷹匠の弱点となるポイント」は3点。

    1:鷹の機嫌が悪い時
    2:敵を多数抱えて攻撃する時
    3:回避率の非常に高い敵、念属性の敵と闘う時




    ブリッツビート
    ブリッツビートは対象の周囲3x3セルに鷹で範囲攻撃をするスキル。
    鷹が居るときのみ使用可能で、無属性、DEF無視、必中が特徴。
    ブリッツビートの射程は基本3セルにワシの目のスキル射程が適用される。

    ブリッツビート(BB)はアクティブスキルだけでなく、Luk依存の確率で自動発動もする。
    自動発動の事をオートブリッツ、自動鷹、鷹援護と呼ぶ。
    自動発動の場合はSPを消費しない。

    ブリッツビートが自動発動の場合は、分散スプラッシュ攻撃になる。
    FAのディレイ3秒以内に通常攻撃で自動発動すると、ディレイが1秒に上書きされる。
    オートブリッツのディレイは、他のスキルのディレイを上書きする。
    BB自体が無属性攻撃なので、念属性Lv3以上のモンスターには当たらない。



    また、手動で使うスキルは総じて威力は低い。
    罠はINT、弓による攻撃はDEXで威力が決まり、
    オートブリッツビート自体の攻撃力はINTで決まるからである。
    また、もしもの時の高威力攻撃スキルがない。
    そのかわりに時間稼ぎとしてアンクルなどで足止めになる。
    INTに振ると鷹の威力があがるが、威力の面を鑑みると、
    他の高威力スキルを行使するまでには至らない。
    常時使うとしたら、集中力向上くらいか。

    ■鷹匠の特徴・総評
    一発の高威力スキルはないかわりに、オートブリッツの発動による
    固定したダメージの嵐で撃ち落す型である。
    鷹が堅実に削っていくタイプであるといえる。
    喜ばれる支援スキルは、ブレス・速度・マニピ・IMだが、
    一番喜ばれるのは鷹の発動率があがるグロリアであり、
    鷹匠と組む際、グロリアの持続がマニピの持続並に大事なものとなる。
    緊急時には罠スキルがあれば、足止めとして行使でき各個撃破の形をとる。
    一方で弓の1発1発は相当低く、鷹が飛ばないと一気に不利となる。
    鷹が飛ばない自体となった場合、相手へ攻撃がヒットしてない状況が考えられる。
    よってその事態を避けるために、ヒットをあげるカードを挿した武器で挑みたい。
    また、鷹の攻撃範囲は撃っている敵を中心に3x3セルである。
    そしてスプラッシュダメージである。これを把握してないと危険。
    4匹以上の敵に対してオートで鷹が飛んでも威力は均等に1/4となり、
    4匹同時に落としやすいとはいえるが、回避率確保のために数を減らしたい時、
    これが仇となり殲滅が遅れる原因となる。理想は2~3匹ずつくらいだろうか。
    印象としては、鷹の飛び具合がとてもよく、見ていて気持ちいいものである。
    が、機嫌悪い時はなかなか飛ばず、その場合苦しい展開となることが多い。
    グロリアと鷹の相性のよさがよくわかった。

    ■本日の反省点:「支援スキルの持続」

    >>支援が身に着けておくべきスタイル
    支援をする上で最も気をつけることはなんだろうか。人によって様々だとは思う。
    私が考えるに、支援スキルの効果を維持することであると思う。
    維持するというのは難しい。30分から1時間、ブレスや速度マニピを、
    「こちらから忘れないようにかけていく」ことをする。ということである。
    PTメンバーから支援切れてるよって言われないようには努力してみよう。
    (短気なのはおいといて、ってことですよ)
    これを努力する上で、課題が浮かび上がる。

    いつかけなおすか

    である。
    特にマニピには注意が必要だ。
    マニピは教授がいない臨時において、ある意味生命線の役割を担っている。
    SPを消費した高威力スキルを行使する職はこのマニピは非常にありがたいわけで、
    マニピを詠唱すれば、恩恵を得ようと行動するだろう。
    だが、この詠唱のタイミングを間違えると問題が生じる。
    例えば、歩いている最中、相手と距離が開いてるにも関わらずマニピを詠唱すると。
    これだと詠唱速度が早かったとしてもさらに距離が開くことになり、
    下手したら相手はすでに戦闘をはじめているかもしれないという事態になる。
    これでは支援として最初から援護が後手になり、非常に危険である。
    例のように、間違ったタイミングで詠唱すると、テンポの低下どころではない。
    その間違ったタイミングによる時間分だけ、相手がフォローしているのだ。
    フォローというのは、相手のHPである。ここでもし相手が倒れたら、
    間違った詠唱をしたがために発生した時間は相手の命と引き換えにしたということ。
    ここまでヒドイ状況に陥る前に、我々が意識することで防ぐことが可能である。
    プリ側から詠唱タイミングを間違えないようにすること。
    後手後手の援護ではなく、「真の意味で後手を狙う(対の先)」この動きを考えよう。

    >>喜ばれる支援のタイミングは?
    コレを述べる前にお互いの思惑を考える。そこに答えがあるはずである。

    ■プリがブーストスキルを行使するタイミング。
    ・維持が最優先1。自分からかけ、切れればかけなおす。
     →これにより相手はブーストの維持が可能となる。
    ・維持が最優先2。マニピの効果時間でタイミングをはかる。
     →これにより時間単位でもってブースト維持が可能となる。
    ■前衛がブーストスキルをもらうときの気持ち
    ・進軍が滞っている時
     →止まっているときにかけてもらえると移動時に気にしなくてすむ。
    ・動きを阻害される(グロやキリエ、マニピ)
     →移動中にこれをもらうとスキル行使モーションが表れ、移動に支障。
    簡単にまとめると以上である。
    よって相手に喜ばれる支援は、

    「相手が立ち止まっているときに行使」

    である。支援のかけなおすタイミングとして実践的な場面を想定すると、
    私がよくやる方法は、
    最後の敵が倒れる直前である。
    何体か敵を倒しているところを見ていると、
    前衛がどれくらいで敵を倒すかだいたいわかってくる。
    そこで、そろそろかけなおす時間に差し掛かった時、
    最後の1匹が倒される直前でマニピを行使する。
    なぜマニピかというと、一番初めにかけなおすのは90秒で切れるマニピだから。
    (ブレス速度は240秒後であるわけで、もう少し先のお話である。)
    PTが進軍を開始する前にマニピを唱えておく。
    理想は、最後の敵が倒れドロップを前衛が拾い終わるまでに効果が終わるとgood♪
    これでアイテムを拾い終わりいざ進軍となるところで、支障なく歩き出せる。
    死に際に高威力スキルがくれば終わるという弱点はあるが(汗)

    そして締めくくりに注意点を列挙する。

    1:ディレイのあるスキルを先に行使しない
    IMやキリエなどディレイが少々長いスキルを先に使えば、
    そのディレイ時間分だけ次の支援ができなくなり、遅延に繋がる。
    ディレイがあるのは最後にもっていくべきである。(ex:ブレス→速度)

    2:相手を思いやって行使
    万が一戦闘途中で支援効果が切れた場合、大至急立て直すべきである。
    敵の数が多ければ多いほどなおさらである。
    この場面で手順通りにプリから行使するのは非常に危険である。
    ブーストスキルの目的を見失ってはいけない。
    ブーストスキルの目的は、「倒れないために強化することである」
    これはプリがブーストを維持し続ける使命が前面に出てしまっている。
    そのディレイ時間分だけ相手ががんばっているのだ。
    ここはひとつその気持ちを汲んで、「相手に真っ先に支援を遂行しよう」
    最低限必要なのは「ブレス、速度、防御スキル」である。
    順番は状況により変動するであろう。
    特に高威力スキル攻撃を持っている敵と接触しているメンバーがいるのなら、
    そちらを最優先で行うほうがPTとして安定する。
    その場合、最も緊急の措置として、アスムLV1かSWの行使。
    最も危険な状態に置かれているPTメンバーに対して絶大な保険となりえる。
    状況によってはサンクの展開も大きな保険であるといえる。
    上記だけではないが、緊急時にやらなくてはいけないことを、
    あらかじめ何を一番に使用すべきか、決めておくといい。
    後々それが神速で発揮されると私は信じている。


  • 6,実績

  • 60分の狩でしたのでbefore→afterから1倍。

    ▼時給
    Base 約887172
    Job 約614023
    ▼稼いだ経験値
    Base 約887172
    Job 約614023

    ブログランキングに登録中!
    「これからも世界を大いに盛り上げるノドカをよろしく!」
    / 2008/06/19(Thu)16:28 /
    / 狩場考察PT編 / trackback:0 / comment:0 /
    第04回アコプリフェスタ / "Azure" -ciel et mer et vent- / 普段は聞けない聖職者トーク










    Wisで送る(管理者にだけ表示を許可)

    / "Azure" -ciel et mer et vent- /
    PROFILE


    メル様の粋な計らいでレアカードいただきました。
メル様さとや様カワイイのをありがと♪ティーカップがキュート♪
    前のはこちら

    "碧"-空と海とそして風-
    • High Priest:ノドカ
    • MEばとら~やってマス
    • LOGIN

    • Love Union
      杖同盟 珍ステ同盟 殴り同盟 時間NEEE! いそがしー( ´△`) 世界を多いに盛り上げるノドカにエールを!
      RO・ブログ
      ↑応援よろしくお願いします




    R-TRACKBACK




    SEARCH
    RO簡易時給計算機4.10

    狩り開始時Lv
    Base % Job %
    狩り終了時Lv
    Base % Job %
    時間


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。