"Azure" -ciel et mer et vent-
Ragnarok Online Fenrir鯖の住人、アサルトプリースト ノドカの日記です
07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031» 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/ --/--/--(--)--:-- /
/ スポンサー広告 / / /
ペア狩考察:スフィンクスD4(in_sphinx4)(1h、ペア)

私はノドカ
貴方達がSOM団と呼んでいるモノの団長
つまらない昔話(ネタ)でも宜しければ、お話ししてさしあげましょう…


ごきげんよう。ノドカ@団長です。
知り合いのパラディンから狩りのお誘いをいただきまして。
その知り合いはGX・HX型からシールドチェイン型へと転身。
どんなカンジになったのか興味がありました。
狩場は小手調べにSD4F。ペアならパサナミノはそこまで脅威では。
鬼門はアヌビス4匹といったところでしょうか。
今回はこの新たなスキルを身につけたパラディンとの連携強化が目的。
ではSD4Fのデータです。こないだと同じです。

  • 1,MAP スフィンクスD  B4F
  • 2,敵データ(組む相手ごとに危険度変更)

  • 危険LV
    (高からランク付)
    敵名MHP種/属サイズ
    1ミミック6120無形/無3中
    2ミノタウロス741動物/火2大
    3パサナ8219人間/火2中
    4アヌビス38000人間/死2大

    ※詳細は狩場情報をご参照ください。

  • 3,メンバー構成

  • 前、殴りME(LV.85,INT=DEX>AGI>STR)
    補、-
    後、パラディン(LV.83、STR先行、GXからSdCnへ転身)

    続きはCMのあとで。
  • 4,立ち回り

  • 殴りME先行(盾+殲滅指示)、パラディン殲滅。
    サーチアンドLAのち、シールドチェイン(SdCn)で殲滅。
    タゲとりよりも殲滅しやすいミノタウロスやパサナを
    高速で殲滅するため、1匹目は発見次第即LA。
    今回は私が囲まれて被弾し始めたときの新たな対策として、
    新武器+5ダブルスピリットスタッフオブカーシングを製作、
    実践に投入した。名もなき島のネクロマンサーがドロップし、
    かなりの供給があるため安価で+0を購入したのだ。
    2匹きたときのLAディレイ解消のため、水武器を携行。
    わざわざSdCn2発うつSPやLA再装填の4秒を待つ必要もなく、
    共闘も入れることができ重宝した。
    問題のアヌビス戦、超短期決戦にするため闇ブレスのちTUとしたが、
    後のディレイ中にSdCnがくるため、先に1万ほど削る作戦に。
    LAのディレイ後TUを打つことにした。

    基本優先順位
    火属性などの属性よりも純粋なATKによるスキル攻撃を警戒すべきだと
    私は考える。今回はSdCnパラディンとのペアによる危険度を考える。
    パサナ>ミノタウロス>アヌビス>ミミック
    危険なスキル:
    アヌビス:
    ソニックブロー(LV10)、致命的な傷(LV2)、ダークストライク
    サンダーストーム(LB5)、ユピテルサンダー(LV3)、不死属性攻撃
    ミノタウロス:
    HF、火属性攻撃、HD
    パサナ:
    バッシュ、クリティカル攻撃

  • 5,考察、感想

  • 危険視する項目を以下に記述する。
    アヌビス:
    詠唱妨害不可、サイズが大きく重なってしまうとミノもかれないかも。
    弱点が豊富とはいえ、致命的な傷が命中するとヒールとサンクの回復量が
    著しくダウンする。3体以上との戦闘時では致命傷になりかねない。
    またATKは530-1697とかなりの幅があり、1000以上のATK状態でSBをもらえば、
    死ぬかもしれない。沈黙は一応きくがその後の行動に支障をきたすようなら、
    ブレスさらにリカバリを加えるなどしてこちらの回避を有利にしていこう。
    ミノタウロス:
    HFにあたって気絶しないようにしたい。火属性はあたると威力高い。
    万が一被弾するのなら、セルフリカバリで回避しないと、
    数体と戦闘時ならそれで終了となるだろう。
    リカバリでスタイリッシュに回避せよ。
    パサナ:
    回避さえ足りていれば問題ないが、3匹目くらいから被弾するだろう。
    回避が足りていてもクリティカル攻撃やバッシュで被弾する。
    バッシュは1kを超えてくるのでHP管理を徹底し、
    ヒールのタイミングを間違えないようにしよう。
    特にアヌビスが混じった時の致命的な傷をもらった状態。
    ミミック:
    足が速いだけでこのMAPでは脅威性は見られない。

    今回はミノ・パサナはLAをあげれば1発で終わる展開だったので、
    戦い方が少し違った。
    プリが先行し、アヌビス以外の場合は、LAをいれそのままダッシュ。
    後ろから来たパラディンが敵の進路がかわらないうちにSdCn。
    パラディンが敵をターゲットする頃にはLAは打ち終わっており、
    次の敵にLAを入れているといった先置きの戦法をとった。
    これにより、万が一進行方向に敵が3匹以上いても、
    パラディン到着時には2匹にLAを終わらせているといった状況を作った。
    またLAのディレイ中で次にLAが打てないとき、ここで水武器に換装。
    数発殴ってるところにSdCnが9割もっていくのでLAディレイ中も殲滅可能。
    欲を言えば、
    4匹以上の乱戦時にプリがLAで指示してから動くのではなく、
    逆にパラディンからこいつを狙うといった意志表示としてSdCnを使用
    することでお互いがさらにSP的にもEXP的にも効率良くかつテンポよく
    狩ることが出来たと思われる。
    これはミノパサナについて、LAがおちてくるまで待つ必要はないほどの
    高い火力であったからできた芸当である。
    以上のことからHFはこちらの圧倒的な殲滅力で落ちることはなかった。
    リカバリのディレイを考えると非常に有利な展開となったわけだ。

    アヌビスは殲滅に時間がかかった。
    結論から言えば噛み合った連携ができてなかったということである。
    私の思惑が外れたからであり、パラディンの行動にあわせてなかったわけで。
    ここは私の落ち度であり、改善しなくてはいけない。
    私が前に立つのでまずは、闇ブレス。ここまではよかった。
    私が超短期決戦を狙い、TUを使用した。コレで終わった確率は低かった。
    アヌビスのMHPは38000。LAこめてSdCnで約1/4は削るわけだから、
    4秒後のディレイのあとにTUを撃ったほうが早く終わっただろう。
    具体的な手早く終わらせる方法は以下のとおりである。

    1:アヌビス発見、タゲられる
    2:闇ブレス(回避確保、魔法攻撃力弱体化)
    3:接近盾役。パラディンSdCn射程圏内に到着後詠唱開始。
    4:LA(SdCn発動直前までに)
    5:LAのディレイ後TUに切り替え。
    6:パラディン引き続きSdCn
    7:TU数発でキまる気配が無ければすぐにLAに。

    スイッチするならこの手順になるだろう。
    安定するのは、あくまでSdCnで殲滅するため、
    「LA→SdCn→LA→SdCn」を崩さないことである。
    以上がアヌビス1体を相手する時の倒し方である。

    予想されるMHの対策。ケースは番外をいれて3パターン。
    1:アヌビス数匹
    2:アヌビス、ミノ、パサナ連合軍
    ※:アヌビス、ミノ、パサナと交戦中に数匹乱入
    以上が発生しやすい不利な戦闘である。1つずつ解決していく。

    CASE1:アヌビス数匹
    3匹以上と交戦したケースは数回。
    3匹以上と闘う場合は、一人で抱えるので被弾率が上がる。
    致命的な傷をもらった瞬間からHP管理をミスする可能性もある。
    なので危ないかなと思ったところで後ろサンク。
    回復をサンクに頼りながらLAでSdCnをサポートする。
    また、今回は新武器を投入していたので4匹との戦闘時に重宝した。
    被弾した際に敵が呪い状態になった。
    これはスタッフオブカーシングの特殊効果である。
    コレが発動したことでMBで吹き飛ばした相手がなかなか戻ってこず、
    その間fleeを下げることなく回避ができたことが最大の恩恵である。
    またこの杖はMATK20%UPで通常より5%ボーナスされている。
    これでMEの最大ダメージが1ランク上になり、SdCn3発分確保できた。

    CASE2:アヌビス、ミノ、パサナ連合軍
    実はこれが一番やりやすかった気がする。
    SdCnの威力はミノ、パサナならLAなしほぼ8割~9割削りとるので、
    先行した私に全ての敵が押し寄せる間に、倒しておくべき相手に
    LAを入れておく。順番は基本優先順位に従う。
    基本優先順位の選定基準は、SdCnで倒しやすさを考慮している。
    パサナはLAをいれないとHPがそこそこ残る。
    SdCn後にパラが近寄ってバッシュさせてしまうことが目立ったからだ。
    これを解消するため、優先的にLAをパサナに落とした。
    そしてミノに対してはSdCnでほぼ9割を削ったので、
    私が数発殴ればそれで終わる。LAする必要もあまりなかったわけだ。
    CASE2のような乱戦時こそ、ここぞというときにLAを使いたい。
    よってパサナにLAを集中、ミノにはLAをせずに殴りきる戦略をとった。
    パサナ、ミノと手早く落とすので残るのはアヌビスとなり、
    アヌビス1体やCASE1のようにアヌビス複数匹の対処をすることになる。

    CASE※:連合軍と交戦中に数匹乱入
    「最近のSD4Fでよく発生する事態」だが、
    戦闘中に敵を連れてこられるといったケースが少なからずある。
    今回は1時間で数回発生した。原理はこうだ。

    □□□□□□□
    ○□■□□□□ 1:我々戦闘中(数匹同時)
    □◎●□□□□   ■●=モンスター連合軍
    □●●□□□□    ○=パラディン
    □□□□□□□    ◎=殴りME
    □□□□□□□
    □□□□□□□

    □□□□□□□
    ○□■□□□□ 2:PCがテレポで現れる
    □◎●□□□□   ■●=モンスター連合軍
    □●●□□□□    ○=パラディン
    □□□□□□□    ◎=殴りME
    □□□□△□□    △=PC
    □□□□□□□

    □□□□□□□
    ○□■□□□□ 3:PCをターゲットにした敵が接近
    □◎●□□□□   ■●=モンスター連合軍
    □●●□□□□    ○=パラディン
    □□□□□←▲    ◎=殴りME
    □□□□△←▲    △=PC
    □□□□□←▲    ▲=△をタゲった連合軍

    □□□□□□□
    ○□■□□□□ 4:PCがテレポする。
    □◎●□□□□   ■●=モンスター連合軍
    □●●□□□□    ○=パラディン
    □□□□□←▲    ◎=殴りME
    □□□□#←▲    △=PC #=テレポした地点
    □□□□□←▲    ▲=△をタゲった連合軍

    □□□□□□□
    ○□■□□□□ 5:▲がPCのテレポした#まで移動。
    □◎●□□□□   ■●=モンスター連合軍
    □●●□□□□    ○=パラディン
    □□□□▲□□    ◎=殴りME
    □□□□▲□□    △=PC #=テレポした地点
    □□□□▲□□    ▲=△をタゲった連合軍

    □□□□□□□
    ○□■□□□□ 6:▲が◎をターゲットにして突っ込んでくる。
    □◎●□□□□   ■●=モンスター連合軍
    □●●▲□□□    ○=パラディン
    □□▲▲□□□    ◎=殴りME
    □□□□#□□    △=PC #=テレポした地点
    □□□□□□□    ▲=△をタゲった連合軍

    以上が敵が「横湧き」や「おかわり」以外の起こりえる、
    人為的な追加オーダーのからくりである
    ちなみにこの人為的追加オーダーには「アヌビスはほぼいない」
    理由は勿論、アヌビス単体を狙っているわけで、
    アヌビスだけを倒せば即テレポする輩もいるし、
    アヌビスの周りに彼らにとって邪魔なパサナとミノが多すぎて
    手出しできずにテレポといったことをするからである。

    このようなケースは今回はSdCnの火力があったからこそ凌いだと思われる。
    これがアサやAGI騎士の前衛が手数で倒すタイプだと圧死の可能性もある。
    回避するにはアヌビスのSBの命中精度が問題になるからだ。
    4匹以上抱えた前衛がアヌビスのSBに当たらない保障はどこにもない。
    話を戻すと。
    このような状況は今回のペアにとってはCASE2の延長である。
    近づいてくる敵を瞬時に判断、LAをパサナに、ミノに攻撃(杖ならHL)。
    LAの入った対象にSdCn。1秒のディレイ後、プリが殴っているミノにSdCn。
    プリはLAディレイ後、他のパサナに。いなければミノに。
    パラはSdCnとバッシュを使い分ける。バッシュには気絶属性がある。
    これで少しの間だが、盾役の回避時間を延長でき、攻撃力もある。
    LAが入ってない敵に対して、少ないSPで相手のHP削る強みもある。
    盾役にとって大変助かる援護となった。
    先にすぐに倒れる敵を倒してしまい、アヌビスだけを残し、
    アヌビスに対してじっくり時間をかけることが安定した狩りへと
    繋がったと私は考える。

    このPTの弱点はパラディンのSP消費量にある。
    SdCnの消費量は1発40。ディレイは1秒なのでそこそこ連発できる。
    のでやりすぎるとSP回復効果がないパラディンではじわじわ枯渇する。
    マニピがあったとしても連戦連投では後々危険な状況になる。
    武器のカード効果は%UP系は乗るので、持ち替え失敗によるミスは
    出来うる限り避けて高威力を維持したい。
    特に数匹と闘ってるとき+それが強敵なら持ち替えはミスしやすい。
    落ち着いて装備変更しつつ盾を投げていこう。
    プリはプリで相手のSP消費量を考え、できるだけLAをのせてやりたい。
    それで1発で落ちるのなら積極的にやっていくべきであると私は考える。

  • 6,実績

  • 1時間の狩でしたのでbefore→afterから1倍。
    詳しい計測値は後ほどゆっくり計算します。
    JOBが15%くらいあがったように思います。

    ブログランキングに登録中!
    「これからも世界を大いに盛り上げるノドカをよろしく!」
    / 2008/05/12(Mon)15:36 /
    / 狩場考察PT編 / trackback:0 / comment:1 /
    ペア狩考察:氷の洞窟 03 (ice_dun03)(ペア、1h) / "Azure" -ciel et mer et vent- / PT狩考察:名もなき島 修道院 02 (abbey02)(1h、PT)
    ごきげんよう。拍手ありがとうございます。

    >SdCnのこと
    スキルを知っていたとしても、実際に使うとわかってくることがあると思います。
    ディレイが体感で長く感じたりとかね。
    数をこなしていけばそのうち自分のモノとなるはずです。がんばりましょうね。
    ちなみに私はSdCnは使ったことありませんが、
    ハンターのDSみたいなカンジで使っていけばいいのでは?
    という想定からLAで次攻撃する指示をしていたので、
    もしかしたらもっといい方法があるのかもしれませんね。
    / ノドカ URL #- [編集] / 2008/05/13 01:35 /










    Wisで送る(管理者にだけ表示を許可)

    / "Azure" -ciel et mer et vent- /
    PROFILE


    メル様の粋な計らいでレアカードいただきました。
メル様さとや様カワイイのをありがと♪ティーカップがキュート♪
    前のはこちら

    "碧"-空と海とそして風-
    • High Priest:ノドカ
    • MEばとら~やってマス
    • LOGIN

    • Love Union
      杖同盟 珍ステ同盟 殴り同盟 時間NEEE! いそがしー( ´△`) 世界を多いに盛り上げるノドカにエールを!
      RO・ブログ
      ↑応援よろしくお願いします




    R-TRACKBACK




    SEARCH
    RO簡易時給計算機4.10

    狩り開始時Lv
    Base % Job %
    狩り終了時Lv
    Base % Job %
    時間


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。